−船橋の郷土芸能 ばか面踊り(ばかめんおどり)−



千葉県船橋の【郷土芸能・ばか面踊り】は、船橋の漁師町が大元、発祥です。

船橋の漁師町(現在の湊町地域と本町の一部)では、明治20年代後半から30年代初めにかけて「疫病の発生」、「海難事故」、さらには不漁などが続きました。

このため、漁師たちは海上の「無事・安全」「大漁・万歳」を祈願して厄払い。明治33年には船橋大神宮・八剱神社の夏祭りに「神輿を奉納」。暮らしは夏祭りとともに歩んできました。
悋気(りんき)の炎 ご勘弁 ! !
画・牧野圭一

今、『ばか面おどり』と呼ばれている郷土芸能は、その当時、東京の葛西や隣町の鷺沼(習志野市)などから招いたお囃子連によって、漁師町の人々が習い覚え、今日に続いています。

"ばかっぱやし"とよばれるこのお囃子は、江戸祭り囃子の「岡崎」という曲から来ていると言われています。

もともとは、様々なお囃子の合間に「道化面」の"ひょっとこ"や"おかめ"、"大笑い"、"一文字"、"たまげ"などのお面をつけて踊るものです。

「ばか面おどり」では、仁羽(ニンバ)から派生の「岡崎」から独立、お面に合わせたこっけいな所作が強調され船橋市を代表する民俗芸能のひとつになっています。

※曲目は四丁目(シッチョメ)など、他にもあります。

★「ふなばし市民まつり」は、例年7月下旬に行われます。「ばか面おどり」はメイン会場の船橋・本町通りをおもしろ可笑しく踊り、多くの市民の目を楽しませます。

▲メニューページへ

▲神楽面(紙面)のページへ