【手拭いの本だたみ=手拭いの本】ご紹介(1)


[宝通り寿連合商店会]の・・・本畳みで“手拭いの本”

つるや伊藤は江戸時代当地で染物業を創業160年近くになります。どこの街にもあります紺屋ですが「注染=ちゅうせん」の工場としても手拭を染めて参りました。

戦前戦後を通して注染本染め手拭いを制作。時代とともに変遷ありますが、特殊な「半天だたみ」「財布だたみ」に【本だたみ】の手拭いの本もつくりました。

【本だたみ=手拭の本】は好事家が趣味で、企業団体が記念やご挨拶として、呉服店は「展示会」のご案内、お客様にお土産。商店会は宣伝などとバラエティーに富んでいます。

昭和20年代の手拭い見本帳『斬新・新手拭い・應用』掲載の[宝通り寿連合商店会]は、
・呉服 洋品の店 大和屋 ・化粧品の御用命は マルヤ
・流行のトップを行く パール靴店 ・時計は親切勉強の店 三角堂
・金物 雑貨 カドヤ ・酒は燗 魚はきどり 酌はたぼ 小料理 叶家
6軒のお店がキャッチフレーズを入れています。
☆小料理の叶家さんは、
酒は燗 魚はきどり 酌はたぼ
さすが・・・・・粋ですね!
◆白地に本バット=紺色 明るいネズに店名白抜き 表紙は茶色に七宝白抜きあしらい
◆8ページ畳みで「和帳」の雰囲気です。
※ 変体ガナは、現代的に表しました。 

財布たたみ、半天たたみ 手拭いのページへ

【手拭いの本だたみ=手拭いの本】ご紹介(2)へ

チーバくん手拭い・豆本のページへ

江戸小紋手拭のページへ

▲メニューページへ