実用性とデザイン性あわせもつ 粋な手ぬぐい 
特殊な畳み方 半天たたみ 財布たたみ


手ぬぐいは、汗や顔や手を洗った後に拭ったりお風呂で身体を洗ったりの実用。風よけ、暑さ、寒さよけに塵よけ。お祭りのねじり鉢巻、揃いの図柄。実に多様です。

手ぬぐいは実用性とデザイン性をあわせもつ小粋な品もの。「半天たたみ」や「財布たたみ」「本たたみ」。特殊なたたみ方の手ぬぐいもシャレでつくられ、盆暮れ挨拶、事ある事に配られます。

江戸時代の絵師で戯作者・山東京伝は天明4年(1784年)、手拭合(たなぐいあわせ)という手ぬぐいの“企画展”を催し、それを図録で刊行。趣味人、好事家、マニア達がそれぞれ独自の図柄を考案して持ち寄りの“品評会”でしょう。

江戸・庶民文化の手ぬぐいの意匠・デザインは今も生きています。

財布たたみ手ぬぐい

◎ 庭師「植草園」さんの“半天手ぬぐい”は、正藍本染めの紺半天と同柄


本たたみ 手拭いの本のページへ

チーバくん手拭い・豆本のページへ

江戸小紋手拭いのページへ

▲メニューページへ